okuyamaDistributed Key-Value Store

お電話でのお問い合わせはこちら フリーダイアル0120-996-535

okuyamaとは?

ライセンスについて about licences

お問い合わせ ご不明点やご質問はこちらへ

okuyamaは、「GPLライセンス」と「商用ライセンス」の2種類が選択可能です。
ソースコードを開示したくないという方は、「商用ライセンス」の利用をご検討下さい。

okuyamaの2種類のライセンス

okuyamaは、「デュアルライセンス方式」を取っており、「GPLライセンス」と「商用ライセンス」の2種類があります。
いずれのライセンスを選択しても、無償で利用することは可能ですが、okuyamaを組み込んだシステムを配布する際にソースコードを開示したくない場合には(GPLライセンスに準拠しない場合)、商用ライセンスが必要となります。
また、okuyamaの動作保証やサポートを受けたい場合にも、商用ライセンスが必要となります。
なお、GPLライセンス(GNU 一般公衆利用許諾契約書)の正式な条件については、こちらをご参照ください。

  • GPL版公開ページへ
  • 商用版ダウンロード
注1)
商用版も無償利用可能ですが、ダウンロード時にメールアドレスをご提供いただきます。
注2)
GPLライセンスは、プログラムの「複製/改変」を妨げるものではありませんが、プログラムを「配布」する際に、配布先に対してソースコードの公開義務が生じます。
注3)
各種サポートサービス(有償)については、サービス紹介のページをご覧ください。
注4)
GPL版の過去のバージョンはこちらからダウンロードしてください。
商用ライセンスが必要となるケース。(例)
  • ・okuyamaをカスタマイズして、オープンソースでないソフトウェアとして販売する。
  • ・okuyamaのインクルードされたソフトウェアを販売する。
  • ・okuyamaをインストールしなければならないような、オープンソースでないソフトウェアを販売する。
  • ・ 神戸デジタル・ラボによるサポートを利用する。

<注意事項>下記のような場合も商用ライセンスが必要となります。

  • ・オープンソース以外のシステムと密に結合させたカスタマイズを行っており、GPLライセンスへの感染が懸念される場合。
  • ・公開したくない特殊技術(特別に作りこんだソース)を取り入れている場合。
  • ・開発プラットフォームを(okuyamaで作成した旨)をそもそも公開したくない場合。
  • ・GPLライセンスの解釈についての曖昧さを懸念して、ライセンスに関する争議をあらかじめ排除したい場合。
神戸デジタル・ラボによる構築支援パック、トレーニング、サポート、コンサルティング、無料勉強会などの サービスの詳しい内容を知りたい方はこちら

商用ライセンスをダウンロードいただくのは、GPLライセンスに従わない場合のすべてであり、上記ケースで本当にGPLライセンスの規程に従っているかの判断は裁判所に委ねられます。個々のケースでの決定的なご 回答は、運営会社(神戸デジタル・ラボ)ではいたしかねますことをご了承ください。また、一般的にはokuyamaを利用して開発されたソフトウェアのソースコードを開示したくない場合には、商用ライセンスのご利用をおすすめしております。

お問い合わせフォーム

このページのTOPへ