okuyama国内初の企業サポート付きNOSQLデータベース

お電話でのお問い合わせはこちら フリーダイアル0120-996-535

商用版ダウンロード

お問い合わせ ご不明点やご質問はこちらへ

商用版ダウンロードお申込みの前に

  • ・ 商用版をご利用いただく場合、有償サポートサービスのご契約が必須となります。
  • ・ 商用ライセンス版okuyamaとGPLライセンス版okuyamaに、提供内容の違いはありません。

商用ライセンス版、GPLライセンス版におきまして、okuyama本体の提供内容に違いはございません。
商用ライセンス版に関しましては、商用でのご利用を前提としており、運営会社として保証させていただく意味合いも含め、有償サポートサービスのご契約をお願いしております。
ご契約の詳細や、サポート、トレーニング等に関しましては、お申込みフォームから必要事項を送信いただきますと、弊社よりご連絡させて頂きます。
社内での学習段階や、個人で利用される範囲であれば、GPLライセンス版をご利用ください。

≫ 「GPLライセンス版」公開ページはこちら
≫ サポートサービスの詳細はこちら

ライセンス利用規約

この文書(以下「本ライセンス」といいます)は株式会社神戸デジタル・ラボ(以下「ライセンサー」といいます)が開発し、著作権を有している分散キーバリューストアソフトウェア「okuyama」(以下「okuyama」といいます)の商用利用を目的として使用する際の使用許諾条件を定めるものです。本ライセンスの内容を承諾した方(以下「ライセンシー」といいます)は、本ライセンスに定める条件に従い、okuyamaを使用することができます。

okuyamaの範囲:
本ライセンスにおけるokuyamaとは、ライセンサーが下記のアドレスにて「分散キーバリューストア『okuyama』」としてGPLライセンスにて配布しているソースコード、バイナリコード及び付随するドキュメントを意味します。
http://sourceforge.jp/projects/okuyama/

使用許諾内容:
1 ライセンサーはライセンシーに対し以下の行為をする事を許諾します。
(1)okuyamaを複製し、自ら使用すること
(2)okuyamaとライセンシー又はライセンシー以外の第三者のソフトウェアとをリンクするなどして作成されたokuyamaを含むソフトウェア(以下「リンクソフトウェア」といいます)を作成し、自ら複製し、自ら使用すること
(3)リンクソフトウェアを第三者に頒布し、使用許諾すること
(4)okuyamaを改変したもの(以下「改変ソフトウェア」をといいます)を作成し、自ら複製し、自ら使用すること
(5)改変ソフトウェアを第三者に頒布し、使用許諾すること
2 ライセンサーからライセンシーに対する使用許諾は無償であり、対価を支払う必要はありません。

頒布条件:
1 リンクソフトウェアまたは改変ソフトウェアのライセンシーから第三者への頒布又は使用許諾は、無償で行っても構いませんし、有償として対価を得ても構いません。有償で頒布又は使用許諾した場合でも、ライセンシーはライセンサーに対して、ライセンス料やその他の対価を支払う必要はありません。
2 使用許諾内容(3)又は(5)の行為をする場合には、頒布又は使用許諾に際して、頒布又は使用許諾の相手方に対し、リンクソフトウェアまたは改変ソフトウェアがライセンサーのokuyamaをリンク又は改変したものであることを通知する必要があります。
3 リンクソフトウェアまたは改変ソフトウェアをウェブページを使用して一般に頒布する場合には、前項の通知に加えて、以下のアドレスへのリンクをokuyama公式サイトへのリンクとして同ウェブページのわかりやすい場所に掲載して下さい。リンクソフトウェアまたは改変ソフトウェアを記録媒体に記録して一般に頒布する場合には、以下のアドレスをokuyama公式サイトのアドレスとして、記録媒体上又は記録媒体のパッケージのわかりやすい部分に記載してください
http://okuyama-project.com/
4 使用許諾内容(3)又は(5)の行為をする場合には、頒布又は使用許諾に際して、頒布又は使用許諾の相手方に対して、以下の各事項を通知しなければならず、相手方より了承を得なければいけません。
 ・リンクソフトウェア・改変ソフトウェアをその他の第三者に頒布又は使用許諾すること、改変すること及びリンクするなどして他のソフトウェアに含めることがいずれも禁止されていること
 ・ライセンサーはokuyama、リンクソフトウェア及び改変ソフトウェアについて何らの保証もせず、ライセンサーがあらゆる損害から免責されること
5 前項の定めに関わらずライセンシーがリンクソフトウェア・改変ソフトウェアについて、頒布先に対して独自に何らかの保証をし、または、サポートを提供することは禁止されません。
6 使用許諾内容(5)の行為をする場合には、頒布又は使用許諾する相手方に対して、okuyamaに対して行った改変部分のソースコードを開示してはいけません。

解除:
ライセンシーが本ライセンスに違反した場合には、ライセンサーはライセンシーに対して通知することなく、本ライセンスを解除する事ができ、本ライセンスに基づく使用許諾の一切が無効となります。解除した場合、ライセンシーからリンクソフトウェア及び改変ソフトウェアの頒布先又は使用許諾先に対する使用許諾も無効となります。

無保証:
ライセンサーは、okuyamaについて、バグその他の瑕疵のないこと、継続して利用可能であること、一定の性能や機能を有すること、リンクソフトウェアや改変ソフトウェアが作成可能であること、リンクソフトウェアや改変ソフトウェアが有効に機能すること等を含めて一切の保証をしません。
ライセンサーは、okuyamaが日本国内外における各種の知的財産権を侵害していることを保証できません。かかる侵害が判明した場合には、okuyamaの使用を中止すると共に、リンクソフトウェア及び改変ソフトウェアの頒布先又は使用許諾先による使用を停止させてください。

免責:
ライセンサーはライセンシーがokuyamaに関して被った一切の損害から免責されるものとし、ライセンシーはライセンサーに対して一切の賠償請求やその他の補償を求めることができません。ライセンシーは自らがリンクソフトウェア及び改変ソフトウェアを頒布又は使用許諾した相手方からのライセンサーに対する請求から、ライセンサーを免責させるものとします。

裁判管轄:
ライセンサーとライセンシーとの間に発生した一切の紛争は、神戸地方裁判所を第一審の専属地方裁判所とします。

同意しない申込フォームへ

このページのTOPへ